京都の森ゾーンがオープンしました。
京都市動物園は絶賛リニューアル中で、
今月5日に「京都の里山」をテーマにしたエリアがスタートしました。

キツネやムササビ、ホンシュウジカ、ハヤブサなどの動物が見られ、
さらに、特別天然記念物のオオサンショウウオやレッドデータブックに
絶滅危惧指定されているクマタカなども展示されています。
そして、目玉はエゾヒグマ(北海道原産)です。
国内で最も間近に見られるそうです。
中坊進二は忙しく、まだ動物園に行けていませんが、
いずれ機会を見つけて行こうと思っています。

中坊進二のお気に入りの動物は、
ハイラックス(アフリカのサバンナ原産)です。
ネットで検索すると車しかヒットしませんので、
ネズミも追記して調べてみてください。
ただし、ハイラックスはタヌキの仲間です。
和名は岩狸になります。
岩とほとんど同じ色ですので、岩場に隠れたら中々見つかりません。
タヌキサイズのネズミとでも言えば、分かりやすいでしょうか。
中坊進二の目視ですが、大体30センチから50センチぐらいだと思います。
ちなみに、カピバラは100センチから130センチぐらいです。
意外とハイラックスは小さいです。

ハイラックスの特徴としては、足の裏が吸盤になっており、
垂直に近い崖でもスイスイ登ることが出来ます。
崖にへばりついて眠ることも出来ます。
基本群れで生息し、
何匹か団子状にまとまる姿も見られるかもしれませんよ。
あと、どの動物にも言えることですが、基本寝ています。
無駄にカロリーを消費する訳にはいきませんので、
アクティブに動く野生動物の方が稀かもしれませんね。

中坊進二はハイラックスを見る為に、
頑張って京都動物園に行きたいと思います。