兵庫県では自転車保険の加入が義務だそうです。
自転車を所有している方は、
毎年1,000円くらい(※保険会社で変動)納める必要があります。
ちなみに、この自転車保険は火災保険や自動車保険と
セットで販売しているところが多いみたいです。

中坊進二がいる京都では、
まだこうした保険の加入は義務化されていません。
兵庫と違って京都では自転車に乗る人が少ないからでしょうか。
ちなみに、この加入する保険会社は県ではなく民営です。
中坊進二としては正直、毎年払うのは面倒なので、
自転車購入時に一括で払えるようにして欲しいところです。
何年乗るか分かりませんが、5000円ぐらいが妥当だと中坊進二は思います。
月に2回ぐらいしか乗りませんが、中坊進二が乗っている今の自転車は、
京都のホームセンターで12,600円で買ったものですので、
今だと保険料込みで18,360円ですね。

自転車事故はとても恐いです。
中には賠償金2億円のケースもあったそうです。
だからこそ、保険は大事なのです。
保険の種類によって全額負担か上限有りなどがありますが、
保険に入っておけば賠償額は少なくなります。
また、自転車事故は自分が起こすとは限りません。
相手が起こし、それに巻き込まれることがあります。
そして、相手が保険に入っておらず、
支払い能力を超えていた場合は、補填してくれません。
だからこそ、県民全員を保険に加入させるこの法令が、
非常に重要なのです。

そのうち、京都でも自転車保険加入は
義務化されるかもしれませんね。