優雅に泳ぐ魚を見るだけで、
どこかほっとして心が癒されるものです。
水族館にはそんな癒しの効果もあります。
また水にはリラックス効果もあります。
音を聞いたり、水のある風景を見ることも癒しとなります。
中坊進二は京都の水族館に行くことで心をリフレッシュしています。
仕事でストレスを感じたり疲れると、京都の水族館で水槽を眺めています。

京都には京都水族館があり、中坊進二はその水族館に通っています。
様々なコーナーがあり、特に好きなのが大水槽です。
大水槽は日本の海を丸ごと表現しています。
さらに洞窟や魚眼レンズなど7つのスポットから
水槽の中の生き物を見ることが出来ます。
約500tもの圧倒的な水の量は見るものを圧巻し、
けれどどこか安心感を与えるものとなっています。
中坊進二は大小様々な魚の群れや行動を見るのが楽しく、
その動きをぼーっと見ることで日々の喧騒を忘れています。

中坊進二が京都水族館に通うのは、7つのスポットがあるからです。
これらを一定のローテーションで回っていけば、
長い時間怪しまれずに見れるからです。
水族館好きが講じて1つの場所に留まっていると、
他のお客さんにいぶかしげな目で見られたことがあるらしく、
見れるところがたくさんあるから分散できる。
変な目で見られないからいいそうです。
京都水族館ならそういった意味でも
気兼ねなく見られるから中坊進二は通っています。

圧倒的に大きな水槽に、優雅に泳ぐ魚たち。
色とりどりの魚と綺麗な水を見るのが中坊進二の最高の癒しです。
それが彼のストレス解消法であり、活力チャージなのです。