京都の料理は様々なものがありますが、そばも美味しいです。
京都で中坊進二が好きなそばはにしんそばです。
かけそばの上に、甘露煮をトッピングした身欠きにしんを載せた、
種物そばの一種です。
汁は関西風の薄い色、
鰹節や薄口醤油と昆布を使った上品な味付けの出汁が特徴です。
京都に住む中坊進二は幼い頃からこのにしんそばを食べており、
そば=にしんそばと思うくらい定着しています。

そんなにしんそばは、実は全国メニューではないのです。
北海道や京都、または一部のお店でしか扱っていないメニューです。
そのため京都に住む中坊進二が他の地域でそばを食べようとした時、
メニューににしんそばがなくてびっくりしていました。
いつも京都で食べていたにしんそばがメニューになく、
何を頼んでいいのかわからず迷ったようです。
その地域の定番メニューのそばを食べてみてもしっくりこなかったようです。
やはり慣れ親しんだものでないと、同じそばでも違和感があるそうです。
京都に帰ってきてから真っ先ににしんそばを食べたようで、
「やっぱりこの味だよ!」と感激していました。

京都の中坊進二からしたら、そば=にしんそばのようです。
慣れ親しんだ味であり、故郷の味がにしんそばです。
そして美味しいそばでもあると考えています。
これだけ流通が発達した現代だからこそ、京都発信の美味しいそばとして、
にしんそばが普及して欲しいと考えているようです。

にしんそばははじめて見るとインパクトがありますが、
食べてみると美味しいですからね。
もっと全国的に普及して欲しいです。