ドーナツは近頃色んなものがあります。
昔ながらのドーナツであったり、
海外から日本にやって来たドーナツ、
コンビニやファストフードのドーナツと色んな種類があります。
京都の中坊進二は子供の頃からよくドーナツを食べています。
大人になった今でもドーナツをよく買って食べています。
最近では色んなドーナツがあちこちで食べられるから、
いい世の中になったもんだなぁと喜んでいます。

京都の中坊進二は子供がいる家に遊びに行く時は、
差し入れとしてよくドーナツを買っていっています。
その際は京都の本輪菓のドーナツを買っていきます。
本輪菓では、見た目も可愛い動物ドーナツが売っています。
このドーナツが子供に喜ばれるので、京都の中坊進二はよく買って行きます。

蛙や虎、アザラシやにわとりなど動物の種類が豊富です。
ドーナツの穴の中には別の動物が入っており、二段重ねのようになっています。
京都の中坊進二曰く、
「動物ドーナツを持っていくと親子で喜んでくれる」とのことでした。
人を喜ばせるのが好きな京都の中坊進二らしい話です。
食感や味もよく、お土産に最適なドーナツだそうです。

その他に中坊進二がよく食べているのが、京都にあるまえだのドーナツです。
どこか懐かしさも感じる、シンプルなドーナツを扱っています。
原材料がオーガニックで身体に優しいので、
ついついたくさん食べてしまうそうです。
最近では塩キャラメル味が好みで、
塩分を感じながらも中の甘みと相まって絶妙だと話していました。

京都の中坊進二はドーナツを食べると疲れが癒えて、
明日からも頑張ろうという気持ちになるそうです。
色んなドーナツを食べられる幸せも噛み締めています。