京都で採れた蜂蜜でお酒を作る試みがスタートしています。
蜂蜜でどうやってアルコールを作るのか、
中坊進二はよく分かりませんが、
酒酵母を混ぜて発酵させるとお酒になるそうです。
ちなみに、蜂蜜100%ではなく、2〜3倍水で薄めて作ります。
発酵に適した濃度というものがあるそうです。
少し調べたところ、蜂蜜酒の起源はかなり古く、
約14000年前からその存在を確認出来ました。

基本的に食糧というものは偶然の産物で見つけることが多く、
この蜂蜜酒はクマに荒らされた蜂の巣に溜まっていた
雨水を飲んだことが起源と言われています。
割と世界中で飲まれており、蜂蜜酒はミードと呼ばれています。
ハネムーンの語源にもなっており、
結婚式によく飲まれているそうです。

蜂蜜酒の製造で最も有名なのはポーランドです。
濃厚な蜂蜜酒が多く、
独特な香りを楽しめるとして世界中で人気を集めています。
蜂蜜本来の味があじわえると、中坊進二はちょっと気になっています。
また、カナダ産も人気です。
いくつものアレンジ品がありますので、
初めての方も飲み比べがしやすいそうです。
蕎麦蜂蜜などのユニークなものもあり、中坊進二は興味津々です。
そして、アメリカ産は飲み口が軽い物が多いです。
甘いものは好きだけど、
濃厚なお酒が苦手な方を中心に人気を集めています。

飲み方も色々あり、
初めての方はシンプルに冷やして飲むのがオススメです。
慣れてきたら、柑橘系で割ったり、
アイスクリームにかけるのはいかがでしょうか。
中坊進二もお店巡りをして、蜂蜜酒を探したいと思います。