中坊進二が考えるに、
スポンサー契約のあり方は大分変わって来たと言えます。
昔は企業とプロ契約して練習費や生活費その他もろもろを出して、
その代わり、世界大会とかに出て、
その企業のロゴが入ったユニフォームを着て宣伝してもらう、
というのが主流でした。
今もこうした方法は主流ですが、その契約の仕方が変わりつつあります。
それはクラウドファンディングです。
企業だけでなく、一般の方からも広く出資を募って、
スポンサーになってもらうことが可能になりました。
こうしたスポーツ選手のクラウドファンディングは、
探せば結構見つかりますよ。

もちろん、スポーツ選手以外のクラウドファンディングはとても多いです。
最近、世間を騒がせているものでしたら、「湯〜園地計画」でしょうか。
遊園地と温泉をミックスした施設で、中坊進二はちょっと行ってみたいです。
その始まりですが、
「Youtubeで100万回以上再生されたら実現させる」というものでした。
最初はノリとジョーダンだったのかもしれませんが、
100万再生達成してしまったので、やらざるを得なくなりました。

yuenchi

そしてお金なんかありませんので、
クラウドファンディングで資金を募ることに。
いま確認したら、普通に達成度100%を余裕でオーバーしていました。
ちなみに200%を超えると、「TOWA TEI」がBGMのセレクトを手掛け、
メリーゴーランドを園内に設置するとのこと。
中坊進二としては、観覧車を設置して欲しいところです。
もちろん、お湯を張った状態で。

merrygoround

クラウドファンディングは民間にとって
出資がしやすい制度だと中坊進二は考えます。
こうした投資の話は、ある程度のコネを持ち、
まとまったお金を支援しないと意味ないと考えられていましたが、
少額を集める仕組みを作ったことにより、
一般の方も参加できるようになったのです。
どんなクラウドファンディングがあるかは、
是非ご自身の目で確認してみてください。
クラウドファンディングを取り仕切る会社は結構ありますよ。