お酒の席にはオツマミは欠かせないと中坊進二は思っています。
アルコールを一気に摂取すると急性アルコール中毒になってしまいますが、
オツマミで時間を稼ぐことが出来ればソレを防げます。
最も理想的なオツマミは茹でた枝豆ですが、
そればかり食べていると飽きてしまいます。
お酒の席には色々な料理を並べたいところです。

bean

中坊進二の好きなオツマミでしたら、柿の種でしょうか。
柿の種はもちろん、ピーナッツ部分もアクセントになって良いです。
中坊進二はあまりアルコールは嗜みませんが、
舌休めとしてそうしたものを好んで良く食べています。
もちろん、刺身や焼き鳥、サラダなどで肝臓を労わるのも良いですよね。
あんまりグビグビ飲むと、肝臓がビックリしてしまい、
デトックス能力をオーバーしてしまいますので。
あと、漬物も良さそうです。
マグロの漬物とかは、ビールにピッタリだと中坊進二は思っています。
キムチなども一風変わって良いですよ。

kakinotane

一番シンプルな酒のオツマミでしたら、冷奴でしょうか。
ケースから取り出して、お皿に載せるだけになります。
あとはショウガを載せたり、ミョウガを載せたり、
ネギを載せたり、お好みで色々なトッピングをすることが多いです。
カツオブシも選択肢として良いと思います。
醤油をかけることが多いかもしれませんが、
中坊進二は絶賛、ポン酢派です。

yakko

通販サイトを眺めれば、色々なお酒のツマミが並んでいます。
牡蠣の燻製オイル漬け、鮭の酒びたし、
キャビア、ソーセージ、チーズなどなど。
そしてそうしたオツマミですが、合う酒と合わないお酒があります。
ビールに合うものや、ワインに合うもの、
日本酒に合うものなど色々あります。
何にでも合うオツマミもありますが、
出来るだけ食べ合わせには気を遣いたいところですよね。